電話でのお問い合わせ03-4362-9619

お問い合わせ

入居審査

ペット可物件は見つかったが、審査に落ちてしまっては意味がありません!一般的入居審査のポイントを入居パターンに応じて解説します。
1.友達・未婚のカップルの場合
2.外国籍の場合
3.勤務形態パート、アルバイトの場合における入居審査対策

ペット可賃貸入居審査の基準と入居までの流れ

入居パターン別対策と入居審査のポイント

入居時における審査のポイントと基準並びに入居者パターン別に分けて審査の対策をご紹介します。

入居審査流れ

1、友達・未婚のカップルの場合

友達・未婚のカップルの場合のケースですと友人知人と同居するパターンになります。その場合の取り扱いはシェアルーム扱いと成るために、かなり審査が厳しくなります。その理由としては、貸主様側から見た場合賃料の請求先が2人に見えるため「賃料請求しづらい」と感じられるためです。対応策として収入の多い1名を契約名義人にする若しくは2人の収入を合算して連帯債務と言う契約形態で契約を行う方法があります。

2、外国籍の場合

外国籍の方の場合は主に賃貸保証が一番のポイントですね!
外国籍の方の賃貸保証の取り扱いを行っている会社は
賃貸保証の審査が通過すれば概ね大家さんが拒絶反応を出さない限り賃貸契約を結べるでしょう。

3、勤務形態がパート・アルバイトの場合における入居審査対策

勤務形態がパートの場合若しくはパートアルバイトで収入基準に満たない場合は親子さん若しくは兄妹で収入が安定しているサラリーマンの方を名義人に立てて契約する方法がベストです。

審査の流れと審査基準

貸主=オーナー様の承諾を頂くことで審査が完了します。

賃料✕3倍✕12ヶ月<入居者の年収とは
賃料合計(家賃+管理費の合計金額)✕3倍✕12ヶ月(1年分)より入居者の年収が上回っている事が審査第一条件です。

B1、サラリーマンの場合は源泉徴収表若しくはそれと同等の書類が必要です。

B2、自営業者の場合は申告書の写し若しくは納税証明書又は課税証明書の提出が求められます。

以上の内容でほとんどの場合は概ね審査を通過して賃貸できます。

 

TOPへ戻る

一覧に戻る